男の離婚準備

【男性の離婚準備】妻が外国人!国際離婚の場合

妻が外国人である国際離婚を前提とした離婚準備は、日本人の男性にとって自分一人だけで対応可能な事情ばかりではありません。
そこで、やはり国際結婚とその離婚に詳しい弁護士などの法律の専門家を雇う必要が出て来ます。

 

自分が法律に詳しくても、それが国内の法律であっては対応が微妙です。
また、お金と暇な時間を持て余しているのであれば別ですが、日本人同士の離婚準備以上に問題が解決するまでに、そのどちらも掛かるのは必死です。

 

そういったことを考えるならば、あれやこれやと言い張るばかりではなく、
ある程度のところでお互いに自分の主張を引っ込めるなどの柔軟な対応も、必要になるかもしれません。

 

どちらにしても、お国柄の違いが国際離婚にはより鮮明に現れることだと考えるようが懸命でしょうから、
夫である男性の方も離婚準備に際しては、譲れるところは最大限に譲るとともに、譲れないところはしっかりと押さえて自分の代理人に伝えることが大切です。

 

また、妻である外国人が離婚成立後も日本国内に居住するなどの場合は、
子どもの親権や監護権を失ったとしても、我が子に会うことは難しい場合ばかりではありませんが、
妻が自国へ子どもと一緒に帰ってしまうような場合は、面会交渉権などもしっかりと求めていくことが必要となります。

 

何にせよ、大切なのはその場合、子供の幸せと安定であることが一番であると理解することが、親として重要であるのはいうまでもありません。